たまーに書きます


by d_w_child
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:【過去】レポート( 15 )

無精ひげが生えた

f0106557_10155225.jpgこのたびCREATER's MANTIONというウェブサイトをたちあげまして、
その公開を3月1日と設定したはいいものの、当初(といってもすごく前)にデザイナーが倒れてしまって、デザインから何から全て自分でやらなければならなくなってしまいました。

さらにメンバーも集めないといけないし、集めたら集めたで今度は色々お願いしないといけない。ノーギャラで。
みなさん忙しいのに色々協力していただいてありがたい限りです。

そんな感じでやることは山ほどあるのに、出だしが遅いのでいつの間にか夏休みの最後の3日状態になっていました。何とか間に合わせようとラストスパートをかけたらここ数日で生活サイクルガタ崩れ。ものすごくだらしない日々になってしまってました。

気がついたら無精ひげが生えていたっていうくらい。

ためしに写真を撮ってみた

とりあえず、今の状況がどんななのかデジカメで撮って確認してみることに。
どこかにコンパクトミラーがあったと思ったけど、この汚い部屋の中で見つけるのは不可能に近い。



パシャ。



f0106557_10171945.jpg
ひどい。  ひどすぎる。
一体どこを見ているのか、写真見たとたんに自分で吹きだしちゃうくらいひどい。

分かりにくいかもしれないけれど、まばらに生えた無精ひげと花粉とかによる肌荒れやらと、あと、髪ボサボサ。まあ、誰にも会わないし。

さーて、作業の続きでもやるかなー。・・・んん?


f0106557_10181850.jpg
ヒッ、ひげが生えとる!

パソコン脇においてあった招き猫に無精ひげが生えているっ!
な、なんということだ。猫から無精ひげが生えるなんて。


f0106557_10184043.jpg
ん?

f0106557_1019193.jpg
あっ、犬からも生えてる。


大変です、一体どうしたというんでしょうか。
うちの猫(置物)と犬(耳かき)が無精ひげまみれで、なんだかむさくてダメな感じになってしまっています。

うーん、どうしたことだろう・・・ジョリッ。
!!!



f0106557_10194349.jpg
な、なんと!いつのまにか僕の無精ひげもさらに凄いことになっているじゃないか!
一体原因は何なんだ!?これは引きこもってパソコンに向かっているばやいじゃない。早速原因を追究しに出かけねばっ。




外に出てはみたものの

原因を究明するといっても、一体どこへ行けばいいんだろうか。とりあえず近くの公園に行くことにしました。


f0106557_10211472.jpg
だれもいない 。
団地が近くにある公園とはいっても、平日の昼間では誰もいないみたいだ。とりあえず無精ひげだらけの子供は見なくてすんだ。

ふー。ここにひげはないか。あれはうちの中だけの現象だったんだろうか?





と、そのとき





f0106557_10215660.jpg
どばーん

でたーっ、無精ひげ!
遠くからじゃ分からなかったけど、近くで見るとすごくむさい!
そしてこれは鳥じゃなくて人だったのか!気持ち悪いゾ!

f0106557_1023566.jpg
とりあえず乗ってみた。

こういう遊具に乗るのは何年ぶりになるんだろう。
まさか、無精ひげの生えたむさいオッサン遊具に乗るなんて思ってもみなかった。

これは一応おんぶなんだろうか。

f0106557_10242292.jpg
公園に、無精ひげが二人。

背中に乗って話しかけてみても反応はない。やっぱりただの遊具なようだ。

ひげ生えてるけど。

もうここにいても得るものはなさそうなので、次の場所に行くことにする。次って言うか、目的地はないんだけど。

f0106557_10244885.jpg
ふらふらと歩いていると、1つの看板が目に留まりました。

あれは、散歩中の犬がその辺でうんこをしたら持ち帰ってくださいという看板だ。猫の絵も描いてあるけど。

もしや・・・。

f0106557_10252597.jpg
あった!やっぱりだ!こんなかわいいイヌネコに、無精ひげが生えてむさくなっている。

でも、かわいい。

ムサカワイイ。


f0106557_10262568.jpg
ムサカワイイ動物にムサモエしつつ歩いていると、フェンスが出てきた。白い。フェンスが。

なんかフェンスって、こう、手を当てながら歩いてダラララララーってなるのがなんとなくいいですよね。
ダララララジョリッ

f0106557_10264920.jpg
不意に他人の無精ひげに当たったときのあの嫌な感じ。まさか、生き物でもなんでもないものにまで生えているなんて!


外は寒いから、喫茶店で休もう。

家を出てからずいぶん時間がたった。けっこう歩いたし、寒いから喫茶店で紅茶でも飲みながら対策を練ることにしました。


f0106557_10272947.jpg
初めて入った喫茶店。
ふー、やっぱ喫茶店は落ち着くなあ。ここはいつも外から見ていて雰囲気がよかったので、今日初めて入ってみました。
喫茶店というより、パン屋についた喫茶スペースなんですけど。

さ、紅茶紅茶。

・・・。なんかぱっとしない味だ。 まさかっ。


f0106557_10274510.jpg
やっぱり!

なんてこった!オイラのゆったり紅茶タイムを返せ!この、ひげっ! もうプンスカきてしまったので、早々に喫茶店を出て飯でも食いに行くことにしました。


f0106557_1028540.jpg
別の公園で
と、なにやら公園からまたもやダメな空気が。
まさか、今度こそ無精ひげを生やしたベイビーが!?


f0106557_10283139.jpg
ちがった。


f0106557_10284436.jpg
この公園のは


f0106557_10285662.jpg
こいつ。

ていうか、この像は色を塗られたときは白目をむいていたのに、いつの間にか少女マンガみたいな目になっていました。きっといつもここでいちゃついている高校生たちが描いたんでしょう。

それにしても、キラキラした女性的な眼と、男性的な無精ひげが一緒にいるととても気持ちが悪い。

いい加減お腹が空いたので、もうそそくさと飯屋へ。
そういえば朝から固形物を食べていない。腹が減った。すごく。

さー食うぞー!


f0106557_10292072.jpg
もう、写真を見てもらえれば分かると思いますけどね。またですわ。またひげ生えてるよ。剃れよ。

そういえば、いつの間にか割り箸がプラスチックになってました。


f0106557_10294051.jpg
細い路地とか、大好き。

腹もいっぱいになったんで、もう家に帰ります。つかれた。

でも、別に探してもいないのにまた出てきた。


f0106557_10302617.jpg
これはどちらかと言うと


f0106557_10304381.jpg
メキシコのルチャレスラー

これは、無精ひげとは違う気がする。
口上と口下だけに形が整っているし、これは、






オシャレヒゲだ!






もう、そろそろよろしいでしょうか。

すいません、もう無理です。
しょっぱなからあんな変なテンションで書き始めちゃって、収拾がつかなくなってます。

まあ分かってると思いますけど、これ、全部僕がやってます。


f0106557_10315068.jpg
遊具に何をしているんだ、と、不審者を見る眼で見られました。

こんなかんじで、


f0106557_1032225.jpg
キレテナーイ

拭くときれいに落ちます。


材料はこちら。

f0106557_10322312.jpg
ワセリンと葛根湯
f0106557_10324088.jpg
ではなくて、ここがミソです。



無精ひげマシンのつくりかた

というわけで、いかにして公園の遊具にひげを生やす装置を作ったのかをお見せしちゃいましょう。

まず用意するのがこちら。


f0106557_1033547.jpg
葛根湯のビン。
喉の粘膜が弱くてよく飲んでいたんで葛根湯ですが、蓋が金属でこのくらいの大きさなら何でも大丈夫です。


f0106557_10332477.jpg
f0106557_1033418.jpg
まず、蓋の内側に切込みを入れて完全にはがします。

f0106557_10342048.jpg
実はこの作業が結構大変。ビニールがしっかりくっついているので、カッターで軽く切り込みを入れてあとはひたすらピンセットでめくります。

コツをつかむまで、端っこすらつまめなくて苦労しました。
蓋を持つ手に力を入れすぎると簡単につぶれてしまうので、注意が必要です。


f0106557_10344749.jpg
次は、穴あけ作業。
最初はペンチで釘を打ち付けて穴をあけてたんですが、指の力でも簡単に貫通しました。


f0106557_1035032.jpg
放射状にしたかったのに、気づいたらこんなん。

とんがってるので危険。

f0106557_10351980.jpg
穴あけ作業が終了したら、反対側の金属が破れているほうをやすりで磨きます。
これやらないと怪我とかしそうなんで、まあ、引っかからない程度にはやすりをかけましょう。

とりあえずここまでで容器は完成です。
次は中身の作成






の前に、風呂に入りましょう!






ひげの素をつくる

さて、なぜわざわざ風呂に入るかというと、
まああそこまでやるのにけっこう時間がかかった上にやすりで手が汚れているのもあるんですが、

そんなことより、

材料が髪の毛だからです。

そう、あのひげは全て僕の髪の毛の粉末です。

髪の毛に頭皮の脂や埃などがついていると目詰まりの原因になりますし、なんとなく不愉快なので是非よく洗ってください。で、生乾きのまま直ぐには乾かさないように。


f0106557_10364721.jpgあとは髪の毛をひたすら細かく切りましょう。
なぜ乾かしてはいけないかというと、濡れていた方が切りやすいから。
別に乾かした後でもいいですけど、たぶん髪の粉末が部屋中に散らばりますよ。


f0106557_10371269.jpg
明らかにひげのサイズより大きい髪の毛を除いたらビンにつめ、完了!
使うときは対象にワセリンを薄く塗り、振りかけるだけでOKです。

これであなたも無精ひげ。




f0106557_10373010.jpg
俺は何をしているんだろう・・・。

長時間一人でやっていると、なんとなく虚しくなってくるから注意が必要だ!オニイサンとの約束!



満足しています。

実はこの企画、去年の11月ころ考えたもので、ひげパウダー自体は去年のうちに出来ていたんです。ただ、なかなか実行する機会がなかった。

そこで、新しいサイト1発目の記事になるし、実際に無精ひげが生えててむさくるしいので今やっちゃおうという感じでやっちゃいました。
感想としては、思った以上に無精ひげになって、かなり満足しています。

髪の毛を切って無精ひげにするっていうのは、昔、とあるメイキャップアーティストさんに教えてもらった技術です。その人は、筆につけて塗ってたらしいですけど。
ドナルドマクドルドのメイクを考えたのは自分だって言ってた気がします。

日本のとアメリカのは昔は違ってたのか?

ちなみに、紅茶も豚丼もたいへんおいしゅうございました。
本物にはひげは生えておりませんので、安心してお召し上がりください。


風呂に入ってひげ剃って、これからよろしくお願いしマーッス!




*この記事は、CREATER's MANTION用に書いたものを少し加工して掲載してあります。
[PR]
by d_w_child | 2008-03-01 10:55 | 【過去】レポート

メモリを増設してみた

今日は転居予定先の部屋の照明の接続パーツが気になり、再び不動産屋に無理を言って内見に行きました。
そこには古い蛍光灯がぶら下がっていて、それをはずさないと確認できない。しかし、僕はそんなに背が高くない。

何か台になるものがいるな・・・と不動産屋さんとうろうろしたけど、人の住んでいない家にそんなものがあるわけがない。
外に行ってなんか箱っぽいものでも拾ってこようかと思っていたら、不動産屋のおっちゃんが
「肩車しましょう」なんて言い出した。

冗談だろうと思って笑ったら、なんか、目つきが真剣だった。
いやいやいや、おじさん、あなた見たとこ50過ぎてそうなんですけど。

「さすがに下からじゃ無理だから、じゃあ、ここに登って」
押入れに近づくおじさん。
なんかもうどうでもいいやと思って肩車してもらいました。

こんなに不安と後悔と恥ずかしさに満ちみちた肩車は初めてです。
天井の部品は正常でした。


そんなちょっとした冒険をして家に帰ると、佐川急便から不在通知表が。
早速電話をして届けてもらうと、以前に注文したノートパソコン用の追加メモリでした。

仕事の合間にも作業が出来たらいろいろ便利だろうなーと思って去年の終わりに注文し、年が明けてかなり経ってから届いたというLenovoのThinkPad X61ですが、
まーなんというか、入っているのがVistaなんですよ。

一応メモリは最初から1ギガという容量なんですが、これがビスタだとまったくもって遅い。
ワードとメモ帳ソフトを同時に立ち上げたりなんかすると固まっちゃうくらい遅い。

さすがにこれじゃ使い物にならんとパソコンに詳しい人に相談したら、OSをXPにするか、メモリを増設すればいいんじゃないかとのアドバイスが。

調べたらOSの差し替えは難しそうだけど、メモリだったらバルク品という車業界で言えば新古車みたいなポジションの質の良いメモリを安く買えるみたいだし、取り付けも簡単そうだということでメモリの増設に決定。
とりあえず1ギガ増やせばいいかと色々調べると、デュアルコアだかなんだかで同じメーカーの同じ容量を2枚使用しないとおかしくなることがあるとか書いてある。

せっかく始めからある1ギガを捨ててまた1ギガを入れるのもバカみたいだし、思い切って2ギガを2枚買って4ギガパソコンにすることに。
うちのデスクトップが512メガらしいので、実に8倍のメモリです。バカじゃないのか。

f0106557_22491119.jpg早速箱を開けると、Transcendというメーカーの2ギガメモリが2枚出てきました。
なんか、いいものらしいです。

これ2枚買っても、Lenovo社で公式の1ギガメモリを1枚買うのより安いんだもんな・・・
ホント、商売ってよくわからない。

さて、パソコンの中身をいじるなんて初めてですので、ド緊張です。

とにかく静電気と埃が大敵ということなので、まずは風呂掃除。
風呂を洗っていれば水に触れているから静電気が逃げるだろうし、埃も落ちるだろうと思って。
たぶん、パソコンのメモリを増設しようとして風呂掃除をする人ってあまりいないんじゃないだろうか。お風呂もきれいになって一石二鳥です。

f0106557_22545765.jpg準備が整ったところで早速パソコンの説明書にのっとって裏蓋を開けます。

Lenovoの商品っていうのはもともと客が自分で改造していくことを前提にしてあるらしく、かなり分かりやすいつくりになってます。

「メモリはここだよ」っていう絵が描いてありました。

f0106557_22571718.jpg蓋を開けると・・・

でたーっ
なんか、ハイテク!

f0106557_22583656.jpgこ、こ、こ、これがメモリかあ・・・

ビクビクしながらメモリを留めている金具をはずすと、ピョコンとメモリが浮き上がりました。

金属の部分に触れないように慎重に取り外し、次はこの溝にはめ込むメモリの準備です。

f0106557_2324483.jpgこれが2メガ。

1メガのメモリに比べて黒い四角いのがそれぞれの面に倍の8個ずつついています。

この黒いのの1つひとつが128メガの容量を持っているのか。

f0106557_2352263.jpg両方とも準備OK。
後はこれをグググッと押し込んで留めるだけです。

f0106557_2355630.jpgグググッ。

・・・。

ぬふお。こんなに抵抗があるものなのか。
壊れないだろうな?

f0106557_2373346.jpgものすごく心配なので何度もメモリ基盤の位置を確認しながら設置完了。

ふう、何とか収まった。

蓋を閉めたら、今度は説明書に従ってさっきのメモリが正しく認識されているかどうかの確認です。

f0106557_239237.jpgパソコンを立ち上げたらタイミングを見計らってセキュリティキーをポチッ。
浮き輪の写真が出てくるあたり、気が利いています。

確かにここを開くときはたいてい海でおぼれているような状態だもんな。

f0106557_23132838.jpgさてさてメモリの状況はいかがなものか・・・

うふお!
4096メガ(4ギガ)だって!
当たり前だけどなんかうれしい!

f0106557_23151959.jpgさっそく正規立ち上げをして動作確認。
メモリの使用状況を見ると、3ギガまで増えとる!

残り1ギガはなんかシステムに割り当てられるそうなんでいいとして、メモリ使用量のグラフが青い線で半分より下にあるよ。

いままで1ギガしかないときは常時800メガは動いてて線も黄色だったのに。

ていうか、メモリを増やしたとたんに常時1.14ギガ使うって、どんだけ大食いなんだ、ビスタ。
これじゃまともに動かないはずだよ。

ついでにパフォーマンスレベルも見ることにしました。

f0106557_23205342.jpgこれが前の状態。
5段階評価で3なんで、
まあ、悪くないけどあまり苦労はさせられないってレベルらしい。

f0106557_23214340.jpgこれが増強後。

・・・0.5上がることによる差がよくわからん。

とりあえずワードを立ち上げてもすぐに動いたんで、まあ、使いやすくはなったでしょう。
昔、親がパソコンのメモリを増設してくれたときに、記憶容量が増えてないと非難したことがあったっけ。
今にして思えばプレステ全盛の時代で、プレステのメモリーカードとパソコンのメモリを同じような仕組みだと勘違いしていたんだな。

本来データを記憶する場所はハードディスクで、メモリはその作業をしやすくする作業場の広さをあらわすようなものだったんだけど、それがわかってなかった。
ごめんよ、父さん。
でも父さんもよく解ってなかったよね。

とりあえずメモリは増えたので、あとはこの前あまりに遅い動作にイライラして無理したとき以来使えなくなっていた指紋認証を復活させるためにハードディスクの初期化だ!

と、初期化したら指紋認証は復活したけど今度はOSがライセンスを認証しなくなっちゃって全く使えなくなりました。
サポートに電話しても営業時間終わっちゃってたし、僕のパソコン道はまだまだのようです。
f0106557_23475240.jpg
しばらく見ることのできなくなった壁紙の女性。ステキ。

[PR]
by d_w_child | 2008-02-27 23:59 | 【過去】レポート

ゴキブリを食べてきた koneta

最近新井祥さんのマンガを読んで、自分で捕獲してカエルを食いたいなあという感情が沸いておったのですが、いかんせん探して取ったことは無いし今は冬で見つけにくい。
かの有名な魯山人さんによると冬眠している今こそ脂が乗っていて一番うまい時期らしいのですが、経験がない僕には見つける自信がありません。

そんな願望を抱えたまま悶々とカエルの捕獲方法を調べていると、あるブログに行き着きました。
今はこのブログからもリンクを張らせてもらっている昆虫料理を楽しむというブログなんですが、なんとそこの主催で近日昆虫食イベントがあるではないですか!
イナゴの佃煮以外の虫の味に興味を持っていたし、期日も迫っていたので慌てて応募、無事に参加枠を確保することが出来ました。

その後、しばらくしてから同ブログを見にいって驚愕。
ゴ・・・ゴキブリがおる!!

そこにはトップにでかでかと仰向けになったゴキブリがきれいに写っていました。
どうやら今回のメニューの目玉のようです。

知らんかった・・・。

特にメニューを確認せずに応募していたので、正直ちょっと狼狽しました。
ゴキブリを食う人なんて「わっ、ゴキブリだ!」の著者の盛口さんしか知りません。
生っぽく調理するから上級者向けとありますが、果たしてどうなることやら・・・。



以降、何のボカシもなくバシバシ虫の写真が出てきます。
苦手な方は進まない方がいいかも。


『うるさい、見るぅ!』という方は、こちら。
[PR]
by d_w_child | 2008-01-28 23:59 | 【過去】レポート
最近チョコに関して調べることが多々あり、基本的に固形のチョコっていうのは
脱脂したカカオ豆+カカオバター+砂糖+香料
で出来ていることが分かりました。

と、いうことは
似たような材料を使えばチョコを合成できるんじゃないの?

手作りチョコって言っても普通は既製品をただ溶かしてまた固めただけですが、ココは一発、原材料から錬金術よろしくチョコを合成できるかやってみたいと思います!
しかも新しく材料を買い足すことなく。

まず、チョコレートの基本知識として
カカオ分35%以上、ココアバター18%以上、糖分(蔗糖に限る)55%以下、レシチン0.5%以下、レシチンとバニラ系香料以外の食品添加物無添加で、ココアバター、乳脂肪分以外の脂肪分を使用していないこと。水分3%以下であること。
Wikipedia
というのがあります。

これだけ守れば造れるかなーと思いきや、本格的にカカオ豆からチョコレートを製造していた人を発見。
知る人ぞ知る男の趣肴HPさんの『カカオ豆から作る』チョコレート
さすがこのサイト。カカオ豆から作っていたとは・・・久しぶりに訪問したけど、やっぱり内容が濃い。
このサイトに書いてあるところによると、ただ溶かして混ぜるだけではダメなようです。

ということで、上記2つを参考にしてうちにあるものだけでチョコレートを合成していきたいと思います。


まずは計量から。
今回は
カカオ 60g
カカオバター 30g
砂糖 40g
粉ミルク 35g
でやりたいと思います。
割合としては
カカオ 36%
カカオバター 18%
砂糖 24%
となります。
分量は男の趣肴HPのを半分にしただけですけどね。
%に表してみるとずいぶん甘さ控えめです。

お菓子は大雑把な料理と違い、少しの差で大きな変化が出てしまうことが多いので注意が必要です。
なので、早速デジタルスケールで1グラム単位の計量をしたいと思います。


f0106557_2371472.jpg
・・・。

電池が無かった。
以前使ったのがいつだったか思い出せないほど昔だしな。よし、仕方ない、新しい電池を買いに・・・


『家にあるものだけで』ということは、電池を買いに行くのもだめなんじゃないか?

電池1個のために寒い中でかけるのが嫌なので、しょうがなく他の方法を探します。


f0106557_11322493.jpg
ドバン
さらに昔に買ったキッチンスケール。
作りはちゃちいけど見た目がいいので飾りとして鎮座しておいでだったものですが、今回は埃をふき取って台所に復活していただきました。

そんなわけで早速計量していきたいと思います。

f0106557_1137431.jpgまず、カカオバターなんてものは家にあろうはずも無いのでその代わりがこちら。
ギー(澄ましバター)

これならどこのご家庭にもありますね!
特に東南アジアとかの辺では。

懐かしきエジプトで買ってきたまままだ使い終わりません。

f0106557_11401894.jpgこれはバターから脂肪分以外の成分を出来るだけ抜いたものなので、やはり常温では硬く、きっとチョコの特徴を出してくれるでしょう。

それに乳脂肪だし。
チョコレートの定義に反してないし。

ボウルの重さをハカリの針調整で打ち消して直接投入して量ろうと思ったのですが、調整ネジがステンボウルの重さに対応できませんでした。
さすが小さいアナログスケール。デジタルが生きてたら簡単に進むのに。

アナログスケールにした時点で細かい計量はあきらめていますから、なんとなく30gになった時点で良しとします。

f0106557_11575046.jpgつぎは一番大事なカカオ成分に当たる、ずばりココアパウダー。
今回この実験をやってみるきっかけになったものです。

粉末ココアって、カカオ豆をすりつぶしてカカオバターを取り除いたカスの粉末なんだそうです。
カスというか、本来はココア粉末の方が時代は早く、そこに捨てていたカカオバターを混ぜたら固形チョコになったのがチョコレート爆発ヒットの始まりだそうです。

f0106557_1221613.jpg60gって結構多いんですね。
大事なココアがなくなっちゃうんじゃないかとひやひやしました。

ちなみに、こういうココアはなめても苦いだけです。ティラミスの上にかかってるのがこれ。

f0106557_1244365.jpg次に粉ミルクの代わりにスキムミルク(脱脂粉乳)です。
これこそいつ買ったのか思い出せない。

本当は全粉乳がいいのですが、日本では入手が難しいそうです。
赤ちゃん用の粉ミルクとかは脂肪分も豊富だしおいしいかもしれませんね。

f0106557_126514.jpgさすが古いだけあってダマが多い。
おかげで微調整が難しく、あと4グラム!とやっている時にガスッと手がハカリに当たりました。
途端

うおっ、50g超えた!

どうやらはかりのどこかが引っかかっていて針が動かなかったらしく、実は既にかなりオーバーしていたのでした。
もう、これだからアナログは。

f0106557_12111058.jpgあとは上白糖を計量し、そろった材料がこちら。
ギーは湯煎にかけています。

しかしこんなものが本当にチョコレートになるのか。

f0106557_12131454.jpgその粉類をふるいにかけ、液化したギーに混ぜながら練っていきます。
いきなり全部入れてダマになるのが嫌なので、少しずつ練りこむことにしました。

それにしてもこの・・・ギーの匂いがきつい。
本当にこれがチョコになるのか?

f0106557_12172799.jpgそんな疑念もどこ吹く風!
粉を足していくとどんどんチョコの良い香りに!!!

できる、できるぞチョコレート!

f0106557_12222143.jpgこれで材料はすべてボウルの中に入りました。
もうチョコレートとしか思えない香り。

f0106557_12231586.jpgでも・・・なんかパサついてないか?
本当にこれでいいの?
なんか砂場にある猫のうんこみたいになっているよ。

f0106557_12255187.jpgとりあえずこんななりました。

なんか、クッキーの生地みたい。

f0106557_12264283.jpgちょい、味見。

うん、おいしい。
おいしいけど・・・なんだかざらざらしているしバター風味だし、チョコって言うよりもチョコレートケーキ食ってる感じ。

f0106557_12284625.jpgそうだ、ギーを足そう!
精密な計量が云々とか言ってたけど、もう無理。

第一あのハカリを使った時点でどんな計量ミスが発生しているかわからんのだし、問題なし!

f0106557_12312874.jpgお、おおぅ・・・
見る見るうちにチョコみたいになっていくではないか。
すごい、俺。


@コンチング

いきなりよくわからないカタカナが出てきましたが、僕もよくわかりません。
とりあえずこの状態で温度を45~50度に保ち、1時間練ります。
こうすることでチョコレートの結晶を理想の形に近づけ、なめらかなチョコレートを作るんだとか。
工場製品では最低でも12時間は練るみたいです。

f0106557_12363967.jpgフ~フ~フフッフ~♪
あの人は喜んでくれるかしら~♪

f0106557_1238417.jpgそういえばバニラビーンズがあったんだったと思い出したので入れることにしました。

この乾燥したミミズみたいなのがバニラの香りを出すんですよ。信じられませんね。

f0106557_12391228.jpgバニラ豆というだけあって、使うのはこの中にある黒い粒々。
ちょっと高いアイスクリームとかに入っているあの黒い粒々はこれです。

このバニラもバニラシュガーを作るためにずいぶん前から砂糖漬けにしてあったもので、匂いもだいぶ弱まっていましたが、とりあえず半本分投入。

f0106557_12424879.jpgバニラをほじくり出しているところ。

ウフッフフッフ~♪
おいしいって言ってくれるかしら~♪

f0106557_12451246.jpg





コンチングを始めて20分

f0106557_12455933.jpg飽きた。

ちょっと気を抜くとすぐに温度が下がっちゃうから離れられないし、
チョコをあげたい大事な人なんていないから気分的にも浮かばれない。
せめてこの記事が結果として面白く出来ればいいなあと思いながら無為に時間を過ごしていきます。

f0106557_12503965.jpgあまりに台所が寒いうえに腹も減ったので、となりでジャガイモをゆで始めました。

今うちにはジャガイモ以外の食材が無いので、具なしポテトサラダにでもしようと思います。


@テンパリング

そんなこんなで何とか1時間耐えたら、いったんボウルをお湯から出して温度を27度まで下げ
、再び30度にします。
これも、なめらかなチョコレートを作るためのコツらしいです。

f0106557_12574625.jpg下げようと思うと今度はなかなか下がらないのが世の常です。

放っておいてもなかなか冷えそうに無かったので、へらでかき混ぜて冷まします。


@デポジタリング

ようは型に流し込んで冷蔵庫で冷やすことです。やっと解放される。

f0106557_13102.jpgそれっぽい型が無かったので、タッパーにつめることに。
製氷皿でもいいかと思ったんですが、冷凍庫内の臭いが染み付いてたのが気になったのでやめました。

このまま固まるまで冷蔵庫に放置します。
冷凍庫に入れてしまうと品質が劣化するので、あくまで冷蔵庫で。


1時間後


f0106557_1352965.jpgうおお!固まってる!すげえ!

チョコだー!!!!!


@デモールダリング

本来なら型から抜いて完成ということなんですが、
なんせ自分で作って愛着がわいているし、正当な評価が出来ないかもしれない。

というわけで夜の9時に知り合いに片っ端から電話。6人目くらいで学生時代の先輩に繋がったので飲みに誘ったのですが、なんとちょうど芝居の稽古終わりでこれから飲み会ということ。
全然関係ないのに参加することにしました。

@試食

f0106557_1311251.jpg「なんだこの匂いは」といいながら試食してくれました。

「チョコって言うより・・・チョコを使ったものに使える。
ガトーショコラとか。」

やはりそうか。ギーの香りがどうしてもケーキに行き着いてしまうんだな。


f0106557_13142230.jpg他にも
「食う前の匂いはきついけど、食うとうまい」
「溶け方がねちっこい」
「濃ゆい」

という反応。
言葉はアレですが、おおむね気に入ってもらえたようです。
砕いて小皿に盛っておくとすぐになくなるし。


そしてその中である重大な意見が。
「これキスチョコのにおいがする!」
「M&Mの中身の匂いもこんな感じ。」

おおお!
なんと、この癖のある匂いは製品として存在していたのか!
しかもこの2つはチョコレートが世に生まれてき始めた時期のもので、両方とも戦時食として政府御用達になったものじゃないか。

自分で食べてみた感想としては、
確かに味は濃ゆい。が、これはこれで濃厚でおいしい。
食感はカカオパウダーのせいか少しざらついていて、エアロチョコのような歯ごたえ。
香りの点ではやはり癖があるので、香料を増量すればなんとかなるでしょう。
全部粉だからということですり鉢でする工程を飛ばしたんですが、アレをやっていればもっとなめらかになったかも。

ちなみに、30分練った状態のものと練る前の状態のものをサンプルとしてとっておいたんですが、食べ比べても僕にはなめらかさの違いは分かりませんでした。
コンチングの時点で温度調整がうまくいってなかったせいなのか、そもそも違うところに原因があるのかは分かりませんが、あまり気にしなくていい工程かもしれません。
この作り方に限っては。



どうでしたでしょうか、予想に反してかなり反響のよかった錬金チョコレート。
工場製品は完成したあと1ヶ月ほど調温室で寝かせて成分をなじませるそうですので、今からバレンタインに向けて作ってみるのもいいかもしれません。

「チョコを合成してみたんだけど、食べてみて♡」

って。


------------------------------------------------------

1時間のコンチングによってどれくらい結晶に違いが出ているのか顕微鏡で確認しようと思ったのですが、倍率1000×の顕微鏡では確認できないほど小さいのか茶色い画面が見えるだけでした。
f0106557_13404524.jpg
チョコレートは脂の塊である。

[PR]
by d_w_child | 2008-01-23 23:59 | 【過去】レポート

ダメ。ゼッタイ。

映画を観にいったあと、ぷらぷら歩いてまた区役所に行ってきました。
特に用事は無かったんですけど、改めて見ると、結構一般解放されてるんですね、区役所。当たり前なのか。

硬い雰囲気にどきどきしつつ、今回は中学生の描いた薬物乱用防止ポスターが張ってあったので観てきました。

f0106557_2110173.jpgまず最初に目に付いたのがこれです。

一見特に目立つところの無いポスターなんですけど、
何がすごいって、薬物のイメージがうちにある白色ワセリンにそっくりなんですよ。


f0106557_2123869.jpgきっと彼の家にもこれがあるに違いない。
しかしこれ、薬局のカウンターの後ろとかにある品物だし、若者が使うようなものでもないから、きっと彼の家は健康に気を使う家に違いない。
ワセリンは怪我の治療に有効ですよ!



【2】
f0106557_21274247.jpgなぜひまわりでなぜグレイ(宇宙人)の顔なのか分かりませんが、
花びらに描いてある英字のフォントが好き。



【3】
f0106557_21293058.jpgこれは分かりやすい。

ちなみに、こんな量を注射したらたぶん即死です。
右下のはビールでしょうか。
もしアルコールもドラッグと考えて描いたのなら、彼はそこそこリサーチしたか、鋭い感性の持ち主ですね。



【4】
f0106557_21322526.jpgファーンタジー。

うちの中学もこんな感じのセーラー服だった。もっと色は濃いけど。



【5】
f0106557_21342325.jpgこれもいろいろ調べたんだろうなあ。
麻(マリファナ)を葉っぱで描いていたのはちょっと驚いた。

『1回であなた滅ぼす』
っていうのが片言でちょっとウケた。

まあ1回で中毒にはならないけど。



【6】
f0106557_21383870.jpgキャッチコピーが最高です。
あのCMってまだやってるんですかね。



【7】
f0106557_21401089.jpg富嶽三十六景、『神奈川沖浪裏』の波の感じがすばらしい。
何でこんなのが描けるんだ。



【8】
f0106557_21425929.jpgこれはそのままTシャツにできそうなほどデザインとして綺麗にできてる。
ほかにもこんな感じで綺麗にまとまったデザインのはいくつかありました。

『欲』って言葉を使っているのもなんだか捻りがあって好き。

でもドラッグのスペルはDRUGだよ。



【9】
f0106557_21585945.jpg日本の妖怪たちが恐れおののいているのが笑えます。
一番左下の妖怪は何でしょうか。爬虫類みたいですが。



【10】
f0106557_22006.jpg結果を教えないことで興味を引く高等テクニック。
バラエティー番組がCMに入る前に使う手ですね。



【11】
f0106557_2211942.jpgあ、これは違った。

帰りに寄った工具店で見つけた虫除けスーツです。
写真ではこれ着てジョギングしてますが、明らかに『イっちゃった人』の雰囲気がバンバン出てます。
こういう虫除けネットグッズの写真がおかしなものばかりなのはどうしてだろう。


さて、いかがでしたでしょうか、中学生たちの『薬物乱用防止』ポスター。
コメントは気軽に鑑賞しながらなんとなく思った感想を書いただけなので色々不適切なこともありますが、勘弁してください。

学校の授業でポスターを書くということはなかなかに難しくて、
僕は昔環境問題のポスターをイラスト風に描いたことがあるんですが、それが美術教師の気にいるものではなかったらしく、もう少し写実的にしてくれと頼み込まれてしまって中途半端な出来になってしまったのを覚えています。
イラストチックに描きたかったのに。

このポスターたちを見て思ったのが、「やっぱ騙されてるなあ」というのが第1でした。
確かにすべての薬物は毒性があって中毒になった場合はいろいろな害を引き起こしますが、1回使っただけで終わりというのは差別と偏見が生んだ考えですね。
ドラッグというのは最初は不快感を覚えて、2回3回と使ううちになんとなく気持ちよくなる人が出てきて、それを定期的に摂取すれば中毒を引き起こして身体的・社会的に害をなす物質です。
だから1回やったらハイおしまいって事はないんですよね。

まあ使用しなければそんな心配も無いので、大人たちが無謀で果敢な子供たちに嘘をついて隠す気持ちは分かりますが。

でも『ダメ!』って言うだけじゃ、その網をすり抜けた子供たちは適正な使用量も分からず泥沼にはまり、それこそ乱用者になってしまうもの。
社会も狂信的な態度を考え直して、性差別や部落差別を理解させたように、薬物についてのメリットとデメリットを教えるべきなんじゃないかなあと思います。


ちなみに薬物っていうのは、
『少量の服用で気分に変革をもたらす物質』で、『中毒症状に陥ることがある』というもので間違いないですよね?
というか、そういう前提で書いているわけなんですけど。

薬物をむやみに使用する人はたいていそれを『薬物』とは考えないのが実情です。
酒・タバコが薬物って考える人は日本にもちょくちょくいると思います。
酒は飲めば感覚が鈍って陽気な気分になり、定期的に飲んでいれば肝硬変などの重大な身体疾患を引き起こします。
タバコは特に中毒性が高く、吸う本人のみならず、周りの人間も危険にさらしますが、世界的に政府の税収減なので認可しちゃってます。

そしてたぶん聞いた人は「え?」と思うかもしれませんが、お茶やコーヒーもドラッグですよ。
薬物の定義にはめ込んでみれば分かると思います。
過去にはコーヒーを飲んだだけで弾劾されたり、タバコを吸っただけで死刑という法律まで存在しています。その代わり何か別なドラッグは合法になっているんですけどね。
まるで日本の麻薬取締法みたい!

そんな僕はいま「ワイン」という「ドラッグ」を摂取しながら酔っ払って書いてますので、多少説教じみたことになっているのは勘弁してください。
『無知は罪』という感覚は中学校の時にネット世界で受けた洗礼から来ているものですので・・・。つらかったなあ。

とにかく。

・薬物はなるべく使わないようにしよう。(風邪薬や睡眠剤も含む)
・使うなら、その効果と長期的な使用による副作用を知ってからにしよう。

ということです。
べつに僕は麻薬(曖昧だから本当はこの言葉は嫌い)を推奨するわけではないし、非合法薬物の使用もしたことはありません。
しかしタバコよりもマリファナの方が中毒性が低く、タバコの葉を食べたら死んでしまうのに対してマリファナはいくら食べてもべろんべろんに酔っ払って吐いてしまうくらいです。

変な偏見に騙されて真実を見失って踊らされるより、自分で納得できる答えを見つけていくのが僕ら以降、若い世代がやるべきことなんじゃないかなあと思うわけです。

いかん、酔っ払った。
[PR]
by d_w_child | 2008-01-15 22:46 | 【過去】レポート

かまくらを作ろう

僕の実家は長野県の南端の村にあり、長野県ということでなんか豪雪なんじゃないのとか言われるんですが、ほとんど雪は降りません。南なので。
長野県は南北に長くて、真ん中辺にでかい山脈が3本も入っているので日本海側は確かに豪雪地域ですが、半分から下の地域は30センチも積もれば大雪と考えます。(たぶん北の方では2メートルくらい平気)

そんな実家の1月1日、元旦。

f0106557_1892985.jpg
カメラの内側のレンズが曇るほど冷える朝。天然の冷蔵庫です。部屋が。
う~ん寒いとカーテンをシャッと開けると


f0106557_18171783.jpg
雪が
f0106557_18172711.jpg
積もってる(薄く)

こりゃあアレをやるしかないでしょう!

かまくら作り。

幼少のころから毎年作りたいなーと思っていたものの積雪量が少ないという悪条件に加え、
力が無い・知恵が無いという大きな壁が立ちはだかり、高校生のあたりでは力を得た代わりに『やる気』をなくしたりして今まで1度も完成したことが無いかまくら。
成人して力も知恵もやる気も手にした今、雪も積もっているならやるしかないでしょう!

f0106557_18255485.jpgと、いうわけでそろえました。道具。
納屋や昔の豚舎などを漁りまくって集めた道具。コンパネ(木の板)を出してきたとき、カメムシがびっしりくっついて冬眠してたのにはビビリました。

さて、これをどう使うかというと・・・


f0106557_1828813.jpg
こうなるわけです。
写っているのはイトコのリョウタ。高校3年という恥ずかしがりやな年齢なのに、かまくら作りというイベントに参加してくれたいい子です。

声も低くなって背も抜かされて・・・小憎らしいっ。

これを農作業用のビニール紐で結んで枠組みとし、中に雪をつめて固めてからくりぬこうという作戦です。

これは2年か3年前に正月番組でかまくらの作り方見て思いつきました。
それまでは手捻りの茶碗みたいに壁を作ったり、むやみに雪を積み上げて固めようとしてましたから、大きな進歩です。
猿は進化すると道具を使う。

f0106557_18335210.jpgシコシコとロープの長さを決めて縛ろうとしていたところ、ふらっと叔父が様子を見に来て
「そんなんじゃちゃんと固定できねぇずら、こうやらにゃ。」
と縛ってくれました。

そのまま手伝ってくれるかと思いきや、
「ま、紐よりもっと良い方法があるんだけどな~」
という台詞を背中越しに残しながら家の中へ入っていきました。
あ、ありがとう・・・できればそのもっといい方法を教えて欲しかった。

あとはせっせと雪を集めるだけです。

f0106557_18481768.jpg皿の付いていない一輪車になんかのプラケースを乗せ、雪をつめたら戻ってきて放り込みます。

雪かきで集めて一輪車に乗せ、型の中に雪を放り込んで戻って雪かきで集めて・・・の繰り返し。
あつい。


f0106557_18504550.jpgその間にリョウタには納屋で見つけた不思議な器具で雪をつぶしていてもらいました。
これ、あとで教えてもらったんですけど、土手とかをつぶして整地して、畑とか田んぼにする道具だそうです。

1畳の雪でこんなに疲れるんだから、畑なんて作ったらどんだけかかるんだ・・・これ。

しばらくこの単純な作業を続けていたら、またさっきの叔父がやってきて
「そんなチマチマやっとったんじゃダメだわ」
といって物置になっている旧豚舎の方へ。と、
f0106557_18574862.jpg
ズガガガガガガガ

す、すげぇぇぇぇぇぇ!!!!!
超荒業!こりゃほんとにたくさん集まる。

しかしそのコンパネを片付けてまたすぐ家の中へ。
なんというか、ゲームの初期とかにピンチのたびに現れる解説キャラみたい。

f0106557_1914367.jpgいつまでも雪集めじゃつまらないので、作業交代。

た、たのしい~!
ふっかふかの粉雪でなかなか固まらないのが難点ですが、それでも繰り返しつぶしているうちに何とか様になってきました。

そこまでやったところで周りも結構暗くなってきたので、粉雪を固めるために水を少しかけ、このまま雪が積もればいいなーという願いをこめて、その日は終了。



翌日。


f0106557_2074929.jpg
ピーカン

ノォォォウ!雪が!増えるどころか減っている!!!
家の前の道路の、昨日雪をかいたところはすべて溶けてなくなってしまったので、少しはなれたところまで雪集めに行きます。
そうそう、ここで昨日叔父さんがやっていたテクニックを使えばいいんじゃん!



















無理。

昨日の粉雪と違って、溶けて水分を含んだ雪の重さは半端じゃない。
おまけに革靴で来てるから滑るすべる。
f0106557_20184824.jpgしょうがないので普通に雪かきでせっせか集めました。


f0106557_2021845.jpg今日は一人しかいないので、全部自分で。
つかれる。

とりあえず近場の雪は全部取ってしまったので、夜のうちに少しでも降ることを祈りつつ、2日目終了。





3日目。


f0106557_20251542.jpg
家の中をあさってたら見つけた写真。
たぶん、僕。
他の写真が知らない子供たちばかりだったので、これが僕かどうかも本当は分かりませんが・・・。


程よく現実逃避したところで、3日目の朝は

f0106557_20291159.jpg
完全に雪がなくなっていた。


もう、無理。
この日の夕方には実家を離れることになっていたので、無理やり成形に入ることにします。
f0106557_20383647.jpgとは言っても貯まっているのはひざ上の高さくらいまで。
このままではかまくらどころではありません。中で座ってくつろげない。




そうだ!

f0106557_20394367.jpg
これを

f0106557_20402244.jpg
こうすればいいんじゃないか?


座ることはできないけど、簡易便所みたいな感じで・・・
もはや方向が違ってきていますが、思い立ったが吉日。道具を持ってきてテコの原理です。
f0106557_20424742.jpg
ふんっ









無理。





f0106557_20443653.jpg
普通に考えてこの質量の雪を持ち上げられるわけが無い。

f0106557_20452021.jpg
とりあえず紐を解いて

f0106557_20454410.jpg
ふんっ(向こうに押す)






無理。


f0106557_2046357.jpg
ふんっ(下にコンパネを差し込んでテコの原理)






無理。



無理だぁぁあぁぁああぁぁあぁぁあぁ!!!
もう、やめ!立てるのは無理!
かといってここに穴掘って潜り込む気にはならないし、でもこの3日間の苦労を水の泡にしたく無いし・・・。
そうだ。






















f0106557_20591614.jpg
ソファになりました。



---------------------------------------------------------------------

いろいろな難関が待ち構えており、今年も結局かまくらにはなりませんでしたが、これはこれでよかったんじゃないかと思います。
クッションの質感にはずいぶん苦労しました。
来年もきっと雪像を作ろう。

ところで、年の初めから「無理」って言いすぎだと思う。

f0106557_2162735.jpg
なんかのお酒付き。

[PR]
by d_w_child | 2008-01-14 21:27 | 【過去】レポート
プチコンとは、よくグルメ雑誌とかにある焼肉とかしゃぶしゃぶとかの写真で、箸で持って写っているアレのことです。
らしいです。
周りの写真撮る人がそう言ってたけど、googleで調べても塗装用のエアブラシしかヒットしないので自信はありません。

とにかく。あんな写真は一人じゃ絶対に撮れないし、友達がいたとしてもいい位置に箸がキープできなかったりブレたりしますよね。
だったら!あのおいしそうな写真を一人でも撮れるようになる機械を作ってしまおう!という目論みです。



f0106557_084384.jpgというわけで、仕事の休憩時間にこっそり買いに行ったものがこちら。
ネジはもともと家にあったものですが、特殊な金属類は全部渋谷のハンズ。ハンズって便利。

高いけど。


f0106557_095292.jpg
そんなこんなであーだこーだで

完成!!

胴体だけ。
他のギミックの部品を探す時間がなかったのです。というわけで、次の休みに今度は池袋のハンズへ。

ここでは箸を固定する部分と、マシーン自体を固定する何かを探さないといけません。
つーことでLet's事務用品。

f0106557_0203744.jpgそうそう、こんな小さくて強力なクリップが欲しかった!
JAPANの文字が頼もしいです。

100円均一にも同じようなサイズのはあるんですが、いかんせん重要な部分なので頑丈で強力なものじゃないと不安です。

さて、次は本体の固定ギミックを探しに・・・って、


f0106557_0231034.jpg
でか!

こ、これは・・・。もうこれでいいんじゃないか。

しかし一応考えていた部品があるので、巨大クリップの値段だけ確認して工具フロアへ。


f0106557_02502.jpg
あ、こっちのが高い。
しかもよくみると扱いづらそう。緩衝材が付いてるのはいいですが、高すぎるのでさっきのクリップに決定。

これらを留めるネジも買って、


f0106557_0264057.jpg
購入するものはコンプリート!


f0106557_0285618.jpgさっそくその場で仮組みしていきます。
狭いエレベーターホールでオッチャンオバチャンに挟まれて自分撮りするのは勇気が要りますね。

実はこのとき、小さいクリップを留めるためのネジが長すぎてクリップの穴にうまく入らず、交換してもらいました。
その場で作ってみてよかった。


f0106557_0315646.jpg
そして完成!!

居心地が悪すぎて表情が微妙です。
とにかく完成できてよかった。


f0106557_0334774.jpg
と、おもいきや。

翌日も同じエレベーターホールにいました。
家に帰ってじっくり作り直してみたら、箸を持つ部分の細かい組み合わせがかみ合っていなかったため、急遽部品を換えないといけなくなったのです。


f0106557_038024.jpg
このあたりのワッシャー類が効いていなかった。
これを付けることによって、ある程度ネジの硬さをキープしたままでも稼動部分を動かせるのです。


f0106557_040767.jpg
って、あれ。小さいワッシャー落としちゃったよ。


f0106557_0404179.jpg
あ、あれ、どこだ・・・。

一定間隔で自動的にシャッターが下りるようにしてあったんですが、こんなところまで撮れていました。


f0106557_0425956.jpg
そんなこんなで完成!!
前日のうちに大クリップ内にウレタンを貼ったんで、滑りにくく傷つけにくくを実現してあります。
まあ2年前に買ったウレタンだったんで劣化してて手が真っ黒になったのには困りましたが、ちいさな問題です。

エレベーターホールでの撮影も2日目なので表情に余裕がありますね。
まあ結局、写真が寄ってるのとか明るすぎるのとか気にせずにスタコラ逃げたんですけどね。ちいさな問題です。


次はいよいよ実地投入だ!!!


f0106557_0503583.jpg
はい、そんなわけでパスタ屋にやってまいりました。
まったくもって箸じゃないですが、パスタが食べたかったのです。
まあ、いきなり箸なんて高度なものにいくより、フォークで試してみるのもいいでしょう。


f0106557_0533736.jpg
うわー、おいしそうですねー。
きのことかの何とかクリームパスタです。

このままでも十分おいしそうですが、ここに例の機械を投入すると・・・


f0106557_0551295.jpgどんっ

うーまーそー。

単色なので若干背景のパスタに紛れてしまっている気もしますが、そこは見ないことにします。
フォークによるアクションが加わって、今にも食べようとしているような・・・
とにかく「おいしそう。じゅるり。」な写真になりました。


f0106557_101713.jpg
ここで例の機械のフォルムに戻ってみましょう。

上の「おいしそう。じゅるり。」な写真はこれを使って撮っているわけですが、このネジとクリップの塊をどう使っているかというと、そのタネは・・・


f0106557_11323.jpg
どんっ

こうなっているわけです。
こんな撮影風景。器具はメニュー立てにクリップで留めています。


f0106557_144865.jpg
フォークが重くて心配しましたが、難なく持つことができました。
さすがJAPANの刻印が入っているだけはあります。


f0106557_193526.jpg
パスタがおいしかったので、デザートも頼んじゃいました。
パフェ。



ここで一旦休憩として映画鑑賞。
『てれすこ』面白かったよ。知り合いが出てると、姿を探しちゃってそのシーンは集中できなかったけど。


f0106557_1104341.jpg
さあ、夜は焼肉ですよ!
パスタ食って映画観て焼肉ってなんかもう贅沢三昧ですが、記事のためです。記事のため。

ビールも記事のためです。

なに食べようかなー。


f0106557_1135514.jpg
お腹が空いてたんでしばらくはガツガツと食べ、余裕が出てきたあたりで撮影。
まあ、これはこれでありですが、やはり「なんか、あのおいしさは表現できてないなあ」的な写真になってますね。

そこで、あのマシーンの登場です。


f0106557_116945.jpg
牛タン!

基本です。


f0106557_1162012.jpg
ロース!

カルビより好きです。


f0106557_1163158.jpg
ハツ!

ハートにクギヅケ。


f0106557_1164030.jpg
そして大好きなギャラ!!

胃袋のどれかですが、この店で初めて食べて感動した一品。
このお店、うまいし高くないし最高なんです。初めて焼肉で感動したもの。

ほんと、4人席を1人で使っちゃってすみませんっした。


f0106557_1203150.jpg
今回の現場風景はこちら。ジョッキの柄に取り付けました。
ウレタンをつけているので、ガラスも傷つけずにいい感じです。

このために!このためにビールを頼んだのですよ!
本当ですよ!


f0106557_122358.jpg
箸はそれぞれ独立して動くようになっていて、箸同士の間隔・角度を自在に操れ形を固定できるので、ほとんどの物は持って撮影できると思います。


いかがでしたでしょうか、今週の『誰でもできる!一人遊びの達人』プチコンマシーンは。

パスタ屋は時間的に客が少なくてよかったんですが、焼肉屋は人気店だし夜だしで人だらけ。
しかも運の悪いことに席がレジスターのすぐ前で、帰る客がみんな覗いてくし、横を通るたびに店員がチラ見するのに耐えうる精神力が必要になりました。

しかしハンズのネジコーナーで店員のおっさんに話しかけられて雑談したり、お会計するときに焼肉屋のかわいいバイトの子に「写真をやられてるんですか?」と話しかけられたりして、公共の場で目立つこともあながち悪くないかもなと思える事柄に出会えました。
みなさんも、是非これを作って一人で街へ繰り出して行きましょう。

一人遊びで友達を増やそうゼ!

f0106557_1322489.jpg
しかし、デジカメ2個は2倍恥ずかしい。

[PR]
by d_w_child | 2007-11-19 23:59 | 【過去】レポート
f0106557_23205041.jpg
美術館かなーと近寄ると、その建物は区役所でした。

住所変更の登録をしに1度来ただけだったので忘れてたのですが、中に入ると何かの展示をしていました。




f0106557_23232868.jpg
近寄ってみると、どうやら区内の中学生を対象に「自分でつくる簡単おいしい綺麗な朝食」を募集したようでした。

しかしこれ、見て行くとすごいことになっていました。
おもに芸術面が。


f0106557_23275727.jpg
まずこれは、比較的想像しうる作品です。
作品の写真を添付、できない場合は自分で描くという方式らしいのですが、なんともまあ、日本的でおいしそうな朝食風景です。
きっと丸いちゃぶ台に家族3人で集まって食ってますよ、コレ。

朝から焼き魚2尾も食うあたりが成長期を感じさせます。

f0106557_23341492.jpgこれも鉛筆で描かれた絵ですが、今度は注釈がついて分かりやすくなっています。
それぞれの品物にうっすらと影が描かれ、やんわりと情緒的なものが漂ってきますすいません適当なこと書きました。

ホットケーキの上には四角いバター、本当に家でやっているんでしょうか。うらやましい限りです。


f0106557_2338374.jpg
これはもう、なんといっても米の描写がすごい。一山もこもこの線で描くのではなく、1粒1粒描いてます。お米が立ってるぅ!

味噌汁も表面張力ぎりぎりまで入れて、贅沢ですね。
アジの開きがうまそう。


f0106557_23421022.jpgさて、いままでの写実的な描写から一気にアーティスティックな作品になりました。

薄くて見えにくいですが、品目は

ねこまんま
サラダ
みそしる

だそうです。
ねこまんま食っておきながら味噌汁ですので、味噌大好きっこなんでしょう。マルコメ君ですね。
『献立についてのPR』という欄があったんですけども、そこにはただ『らく!!』とだけ書いてありました。
いやいや、朝から味噌汁作ってサラダこさえるだけでもそこそこ労力は要りますよ。謙遜しちゃって大物ですね。
ところで、右下がサラダとして、どっちがねこまんまでどっちが味噌汁なんでしょうか。
この感性がステキ。


f0106557_23485857.jpgこれはすごいですよ。黄身の部分がちっさい。乳首みたい。

この絵は食べ方のレクチャーも載っていて作者の意気込みが感じられます。納豆と目玉焼きはご飯に乗っけて食べるそうです。
目玉焼きをご飯に乗っけたことはないので、今度やってみたいと思います。

ちなみに、「天空の城ラピュタ」を真似てトーストに目玉焼きを乗せて食ったらめちゃめちゃうまかったです。オススメ。
トーストにマーガリンを塗り、目玉焼きには塩胡椒するとなおおいしいです。


f0106557_23545473.jpgコレがすごい!
僕はたぶん、オムレツの卵をこれほどホクホク感を出して描くことはできません。ステキ!

絵の中でも夏野菜オムレツが一番でかいので、作者も入魂の1品なんでしょう。断面図もあり、色合いもおいしそうです。じゅるり。

僕の母も小さいころよくオムライスを作ってくれましたが、毎度毎度ケチャップでメッセージや似顔絵が描いてあって、楽しみでありました。
オム作品にみる新たな可能性です。


f0106557_012956.jpgこれは唯一貼り絵で提出されていた作品。アイデアがいいですね!

色もポップで楽しい。バナナジュースとバナナ、それにオムレツもあるので栄養価はかなり高いでしょう。
しかし、パン1枚で足りるんかいな。


そして次からは写真作品。バババッといきますよ!

f0106557_017101.jpg
バッ


f0106557_0172558.jpg
バッ


f0106557_0174135.jpg
バッ


どうです!すっばらしい写真じゃないですか?
いやいやコレだけで驚いちゃいけません。さらに上を行く写真があったんです。

f0106557_0191638.jpg
これ!すごくない?


f0106557_0202444.jpg
アングルが最高です。そのまま雑誌に載せられそう。

f0106557_0273676.jpg

それぞれの作品の内容を見ると、まず最初の昭和レトロな作品。
ピザトーストはおいしいですよね!僕も小さいころ一時期はまりました。
ただ、クラスでのスキー教室のときにバス内でゲロってからはトラウマですが。

f0106557_029939.jpg

その下、「コンビーフのホットサンド」だそうです。アボカドのサラダもついて、すごいですね、コレ。
こんなおしゃれな朝食なんて食べたことありません。おいしそう。

f0106557_0322522.jpg

これもとてもおしゃれです。柔らかい光に包まれた春のテラスで食べてそうですね。8月のコンクールですが。
なかなか腹にたまらない感のあるサンドイッチでも、これだけ食べれば給食までは持ちそうです。

f0106557_0371539.jpg

これは洋画に出てきそうな朝食ですね。
やはりトーストが1枚なのが気になりますが、昨今の中学生はそれで持つんでしょうか。僕は最低でも2枚は食ってましたが。

ちなみに、今回グッと来たのがこちら

f0106557_0402833.jpgまんじゅう。

「関東地方の農家のお盆では、朝まんじゅう、昼うどん、夜南瓜に米のメシだそうです」
との注釈がついており、なるほどそうなのかと勉強になりました。
しかしこのまんじゅう、中身は長野県のおやきのようなおかず類ではなく、やはりアンコなのだそうで・・・甘いものが苦手な人にはつらい食事になりそうですね。まあ砂糖は控えればいいですが。



一口に『朝食』といっても、多種多様なメニューがあるんですね。そういえば、友達の家に泊まったときに出た食事の量に驚いたことがありました。
あそこは大家族で、一人っ子の僕は案の定あまりおかずを食べられずに最後までもそもそ食っていたのを思い出しました。

あと今回気になったのが、イラストやクラフトなどのアイデアはもちろん、写真がすこぶるうまいこと。
明るさや色味が綺麗に出ていて、しかも配膳もキレイ。さすがに撮影用に飾っているんでしょうが、それにしてもすばらしいものがいっぱいでした。
これを見習い、適当にざく切りしたバタ-ルを焼いてマーガリンで食うだけという食事を改善したいと思います。イヤ、無理です。めんどうくさい。

みなさんも、快適な食事ライフを送れるといいですね。じゃ!
f0106557_0521511.jpg
区役所には不思議な像がいっぱい。

[PR]
by d_w_child | 2007-11-01 23:59 | 【過去】レポート

虹色の豚を見た

f0106557_16271216.jpg
ボケーっと壁を見ていると、いつのまにやら虹色の模様ができていました。いわゆる、プリズムの効果ってやつでしょうか。






f0106557_1628126.jpg
何とはなしに見つめていたのですが、そういえば赤いところは暖かいのかと親指を入れてみると・・・


f0106557_1629650.jpg
うおっ、虹色親指だ!すげえ!

これは、ここに置けばなんでも夢の虹色になるんではなかろうか。ウフフ、虹色。
早速そばにあった豚の人形を置いてみます。

f0106557_1633458.jpg
黄ぶた


f0106557_1634928.jpg
紫ぶた



f0106557_16351651.jpg
黄色と緑ぶた


f0106557_16354155.jpg
なんか色々ぶた


お・・おぉ・・・た、たのしい!
もっと色々やってみよう。


f0106557_16382433.jpg
虹色ぶた農園

なんかいい肉作ってそうな名前だ。

f0106557_1641454.jpg
レインボーコーラストリオ


f0106557_16413635.jpg
三色だけどレインボー。
たぶん青いのが低音です。

f0106557_16443973.jpg
幸せの虹の鶏。虹色をした黄身の卵を産みます。
虹身です。

(実際にそういう卵はあるらしい。)

f0106557_16482851.jpg
大事な部分がシャイニング

f0106557_16433788.jpg
殺しのライセンス持ってます。

f0106557_16503316.jpg
虹色ワセリン

緑色が強く出てるので、体には悪そう。

f0106557_16504896.jpg
虹色だから、いくら虫に刺されても大丈夫。

なんで大丈夫かはここでは言わないけどもネ。

f0106557_16533223.jpg
レインボーホッチキス

針は銀色です。

f0106557_16544614.jpg
虹色ぐうたら三昧

写真を載せたかっただけです。

f0106557_16552389.jpg
虹色シャギー。おしゃれ。

ハロウィンにかこつけて100均に売ってた謎のペン。ふかふかが気に入ってます。

f0106557_16565842.jpg
潮風にたなびいて
(ハリウッド映画風)

この足の部分がボールペンになってます。

f0106557_16582190.jpg
虹色影はらぺこ青虫

虹色の蝶になる日も近い。
スポットライトを当てられているようにも見えます。

f0106557_16592638.jpg
虹色クレイジーおじさんと虹ビール

f0106557_16595693.jpg
ここに虹色が入ると怖い。



f0106557_1722265.jpgこのへんまで遊んでたら、太陽が沈んでしまいました。遊びはおしまい。
今回虹を出してくれたプリズムは、このクリスタル梟でした。

最初の、「赤いところは暖かいのか」の疑問ですが、「小さすぎてよく判んなかった」が答えです。

ちなみに、最初に試したぶたの画像をgifアニメにしてみました。
初めて作ったけど、簡単で面白いですね。
f0106557_1732177.gif
虹色ぶたの冒険

[PR]
by d_w_child | 2007-10-28 17:14 | 【過去】レポート
リトル・フォレストというステキ漫画があります。
それを読んでいたら、無性にあんこが食べたくなってしまったのですが、わざわざあんこを買うのも馬鹿らしいし、売ってるかわかんない。
第一、あまり既製品を受け付けない体になってしまったので買いたくない。
(大好きだったハンバーガーとかナゲットとか、今でもおいしいおいしいと食べるけど、後から吐きそうになります。)

と、そこで戸棚の奥に小豆があったのを思い出して、自作あんこを作ってみました。

本来ならおばあちゃんがやっていたようにストーブの上でクツクツやりたいのですが、うちはガスストーブだし気温もまだまだ高くてそんなことをする気にならないので、圧力鍋を使いました。
おかげで、初めて作ったくせにかなりおいしい。圧力鍋最高!

f0106557_21211918.jpg
甘さ控えめ、成分は小豆と砂糖のみ。材料にこだわりありの一品。


さて、ここで問題になるのが「何とあわせるか?」です。
餅がいいけど餅は無いし・・・そうだ、モチモチした食感が好きで買ったタピオカにしよう!

で、

f0106557_21235579.jpg
タピオカ。
白いのは茹で上がりのタイミングがまだ目視でうまく確認できません。


f0106557_21253053.jpg
タピオカ meets あんこ
東洋の神秘が、今、ここに!

なんとなく見た目だけでもおいしそう。これはきっとうまいに違いない!
よし、満遍なく味がいきわたるよう、よく混ぜよう。




ぐっちゃぐっちゃぐっちゃ

ぐっちゃぐっちゃぐっちゃ




f0106557_21281726.jpg
うわぁ・・・。


ものすごく不味そうになってしまった。
まあ、とにかく食べてみよう。

f0106557_21302556.jpg
ぱく。


・・・ん?






f0106557_21303788.jpg



ん~・・・。

タピオカが硬かった。
味は申し分ない。おいしい。
タピオカがもう少しやわらかくできてさえいれば、白玉ぜんざいっぽく食べられたと思う。

なんとなくタピオカぜんざい(今命名)が消化不良に終わってしまったので、タピオカとどっちにしようか迷ったパスタをいってみたいと思います。
ついでに、塩気が欲しくなって途中で買いにいったスナックも試すゾゥ!



パスタf0106557_2136629.jpg
ゆでるのが簡単なので、ショートパスタ。

量が少ないのは消して怖気づいたからではありません。あんまりおなかが減ってなかっただけです。それだけです。ホント。


f0106557_213817.jpg
準備している間にあんこが固まってしまい、あまり混ざらない。
しょうがないので、ブロックのあんこと一緒に食べることにしました。


f0106557_21393644.jpg


パク。











f0106557_2140125.jpg




うまっ


え、なにこれ美味しいよ!?
パスタについた塩気が単調なあんこの甘みにいい刺激を与え、さらにそのモチモチの食感が噛めば噛むほどあんこに絡まって・・・

うまっ。

これは大成功。タピオカより断然いい。
もうここまでくれば怖いものはないだろう。
うん。
な?

この調子でスナック菓子にいきたいと思います。



ひねり揚げf0106557_21454149.jpg
コンビニで安くていっぱい売ってる、ひねり揚げです。
確か餅を揚げるとこんな感じの食感になる。

スナックらしく、ディップで食べることにします。あんこだけど。







f0106557_21481784.jpg
・・・。

正直微妙。というか、よくわからない。
仕方が無いのでスプーンであんこを大量にすくって食べてからひねり揚げを食べるも、よくわからない。
違和感が無さ過ぎる。

違和感がないってことは、たぶん合っているんだと思う。
まあ、アリかな。





堅揚げポテチプラックペッパー
f0106557_2150506.jpg
ポテチのなかでも食べ応えがあっていい。
「あんこなんかに負けねぇゼ」という気概たっぷりの、オニオン風味のいかした奴です。







f0106557_21521352.jpg
あ・・・うん、いけるいける。

まさか合わないと思っていたけど、たまねぎパウダーと意外な相性。コレも合う。





じゃがりこ
f0106557_21533773.jpg
これならあれだ、合わないだろう。

別に合わない味を探しているわけでもないんだけど、今までがあまりにも合ってしまったので、ここらでオエッといってみたい。
しかし、系統的にはジャガイモの揚げ菓子だし、塩味だし、不安は絶えません。







f0106557_21563463.jpg
・・・。

あー、うん、あうあう。
じゃがりこ独特の土臭さっていうか、ジャガイモとかにんじんとかの野菜臭と小豆の香りが合う。
今までで一番香りの分野で馴染んでいるかも。


ここで原点回帰したいと思います。
なんか、いままでスナックとかパスタとかタピオカとか、カタカナに頼りすぎた。
平仮名なあんこにはジャパニーズフードをぶつけたいと思います。



日本酒
f0106557_2202831.jpg
久しぶりに冷蔵庫から出しました。まさかこんな使い方をするとは思わなかったけれど・・・。


いざっ。






f0106557_221946.jpg
あ・・・うん・・・ふーん・・・







マズイ。


不味いよ!これ不味いよ!でも、完全になしってわけでもなくて、好きな人は居るかもしれない。でも僕はダメだ!たぶん!

なんだかあんこを食べ過ぎて、そして変な食い合わせをしすぎて、味覚がおかしくなったのかもしれない。
いままでの流れで行けばあまり美味しくないものにぶち当たって喜んでもいいと思うのですが、やっぱり美味しくないものでは喜べませんでした。
もうこれくらいにしておきたいと思います。

とりあえず、今回の結果を5つ星制でおさらいしてみると


タピオカ
☆☆☆☆
ショートパスタ
☆☆☆☆☆
ひねり揚げ
☆☆
ポテチ
☆☆☆
じゃがりこ
☆☆
日本酒


こんな感じになりました。
お菓子じゃなくて肉とか野菜でやったら確実に合わないんじゃないかと今思いましたが、もうやりたくありません。





f0106557_22111655.jpg
余ったあんこはどうしよう・・・。

[PR]
by d_w_child | 2007-10-15 22:16 | 【過去】レポート