たまーに書きます


by d_w_child
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

旅終了!

荷返しも全部終わり、
ようやっと全ての仕事が終わりましたー。

ガッコウが終わる少し前からこの仕事の話をもらって
そのままずーっと飛び飛びで今まで。
「卒業してそのまま何も無くだらだら・・・」という時期が無かったので
コレを機に少しやりたいなーと。

まぁ10日ほどしかないのでほとんどが掃除に当てられると思いますが。


少し話は戻って9日の帰宅日のこと。
場所は岡山県津山市

この辺りは寅さんのロケ地らしく
まあ何て言うかそういう系のものばかりでした。
荷物も多かったのであまり歩くのはやめてホテルの近くをウロウロしてましたところ、 
すぐ近くに博物館を発見。
早速入ることにしました。

f0106557_1226846.jpg






つやま自然のふしぎ館


まず思ったのが
入館料高っ!!

大人700円ですよ。
歴史館も行けば1000円。
外見からしてそんなに中身なさそうなのに・・・

まぁいいや。

と、受付へ。
そこには感じのよさそうなおばちゃんが居まして、
まあ大きな博物館なんかと違って軽く会話なんかしたりするわけですよ。

「遠くから来たの?」
 ええ、東京から。
「だよねぇ。地元の人って格好じゃないもんね。」
 そうですか?(確かに荷物は多いからな)
「せっかく遠くから来てくれたんだから、子供チケットで観てもらわないとね。
100円しか安くならなくてごめんね」

ええええええええええ!!!?????
いいの!?
いやいやいやごめんねどころかこっちがすみません。
しかも荷物を預かってくれ、3階の方まで冷房をつけに行ってくれました。(3階まであるらしい)

入ってすぐのところにクーラータンクがあり、
『冷たいお茶をどうぞ』
とありました。

なんかいいなぁ・・・こういう気配りができるところ。

展示場はまず化石から始まりました。
嫌いではありませんが、
どうもこういっぱい小さい化石があってもワタシ的には「へ~」としか・・・

どっちかというと同室に少しあった剥製の方を見て回りました。
キンシコウだとかゴリラとかのがあったんで。

個人的にはあまり見たいモノが無かったので次のブースへ。
ここは骨格標本などがあり、コレは面白かった。
展示ケースの反対側にカップルがいるらしく
コワーイとかスゴーイとか言ってる。
そのうち「頭痛くなってきた」といってどっかに行ってしまった。

骨格も十分見終わったのでさっきのカップルがいた方に行くとそこには・・・

胎児がいた。

そう、あの胎児。
生まれてくる前の胎児です。もちろん人間の。
それがホルマリン漬けになって4体か5体陳列してあるんですよ。
何か事情があって生まれてこなかった子達なんでしょうね。
9ヶ月なんて子もいて、もう赤ん坊そのものでした。

そのとなりには人間の内臓も展示してあり、
説明を読むとこの博物館の創始者の方が自分の体を遺言で提供したのだそうな。
提供後も法律やらの観点でいろいろあったらしいですが
めでたく展示となったわけですね。

さっきも胎児のことを『体』で数えたように
こうなってしまえば人間もまたただの標本なんですね。他のホルマリン付けと同じように。
肉の塊なんですよ。


  それにしても『人体を飾る』(もちろん学術的な理由で)のには相当な許可が要るって書い
  てあるけど、
  小学校の時、下駄箱の展示棚の下に見えないようにしまってあったあの脳みそは一
  体・・・

  それとは関係ナシで今思い出したんですが、
  深夜のテレビ塔(名古屋)の下に行くと危ない外国人がいることがあって
  捕まるともう戻ってこれないとかいってたっけなぁ。
  実際に先輩達が襲われて一人捕まったのち行方不明になったと。言ってました。

  愛知県に住む従兄弟が。

  ただの噂なので苦情は受け付けません。


話は戻って博物館。
1階は冷房がガンガンに効いていて
しかもなんか保存薬みないな臭いが充満
その所為なのかそれとも別な理由なのか・・・ワタシも人体標本の辺りで頭が痛くなったので
そそくさと移動しました。

一階にはあと昆虫と貝殻の標本がありました。
映画で見た『天使の翼』という貝殻もあった。
映画で言ってたように本当に水中で光るんだろうか。

あと黒ゴキブリって益虫にもなるんですね。
すり潰して患部に塗ると霜焼けに抜群なんだそうな。
悩んでいる人がいたら一度やってみては。

ワタシは絶対嫌ですが。

2階3階と剥製品が多く、
その規模もものすごい。

初めて博物館で鳥肌が立った。

いや寒いとかでなく。

コレはホント凄い。
写真ではチープになるので公開しませんが、(写真撮影OKでした。)
機会があったら1回行った方がいい。
これは。
絶対圧倒される。

 うわヘラジカでっっか!
 ゾウアザラシってこんなにあんのかよ!
 へー、ハチドリってこんなもんなんだ。高校に居たホバリングする蛾と同じ大きさだな。
 (ハチドリじゃないかと思うような虫が本当に居たんです。正体はわからなかったけど。)

などなど
いろいろ感じる。

建物の外見の割にかなりボリュームがあったので少し疲れました。
最後に受付の方にお礼を言って後にしましたが、
ここを見た皆さんはやっぱり「すごかった」と言うそうです。
さすが『日本でも稀少』と言うだけのことはありました。

そのあとはおなかがすいたのでメシ食って帰ろうかということでうどんを食べ
お土産屋さんを見ていたらなんとそこにはさっきの受付のおばさんが!

「あ、さっきはどうも。こんなところにいたんだね。やっぱりさっきのお金返すよ」

ってええええええええええええ?????
子供料金分の600円もくれちゃいました。

いや、こんなこと書いていいのかわかんないけど、
あんなに凄い展示とこのおばちゃん。
いいですよ、つやま自然のふしぎ館。オススメ。

そのあと駅に向う途中(というか博物館のすぐそば)の『ぶんたんや』さんに寄りました。

f0106557_12271052.jpg






「キャンプだホイ」の歌が大音量で流れてた
四畳半の住人さんで見てからずーっと「食べたいなー」と思ってたんですよ、文旦。文旦のページ

外国産の果物
特に柑橘系は買うのをなるべく控えようと思ってたワタシには朗報です。
グレープフルーツ好きですから。

以前親の知り合いから分担をもらったことあるんですけど、
それがまた大きくて高そうなやつで・・・
食べたのが遅かったせいか、なんか味も大味でうまくなかった。

しかし今回買ったのは違う!
小ぶりで大きさもホントにグレープフルーツほど。
値段はなんと1個100円でした。
店の奥で文旦を食べてた店主を呼んで2つ売ってもらうことにしました。

そしたら
「これ1個おまけね」
といって3つもくれたんですよ。
2個買って1個つくってなんかもうすごいですよ。

「冷やして食べると美味しいよ」
と教えてくれたので今実際冷やしたのを食べてるんですけど・・・


f0106557_1252419.jpg

激ウマです。


やばいやばい。
これウマすぎるよ。
ホント、グレープフルーツって感じ。
この冷たさがまた夏の暑さに心地いい♡




いま電話番号を探したけど見つからないのでホテルにかけて調べてもらいました。
わざわざ店まで行って調べて下さったホテルの従業員の方、ありがとう!
津山国際ホテル

そしてわざわざ調べていただいた文旦屋さんは0868-22-0280で全国配送してくれるそうです。(電話番号掲載許可取得済み)
この前買った1個100円の小玉のを30個入り(最小個数)で3000円ちょい。
でかい文旦3つ分の値段です。
安い安い。

是非お試しあれ。
[PR]
by d_w_child | 2006-07-10 23:59